臨床研修のご案内

あなたが勉強するために当院の機能をご自由にお使いください
new平成29年度募集要項はこちらpdf

臨床研修の特徴

1.研修目標
本研修システムの基幹病院である島原病院の「患者さん本人の立場に立った医療」という基本理念のもと、医師としての人間性の涵養と プライマリ・ケアの基本診療能力の習得を達成する。
2.研修の特徴
(1)少数精鋭による研修のため、数多くの幅広い症例が経験可能。
(2)具体的な症例数などの目標が設定可能。
(3)フレキシブルなローテーションスケジュールが設定可能。

プログラムの概要

1.研修行程
1年目:基本研修科目及び選択必修科目を研修する。
2年目:基本研修科目及び選択必修科目及び選択科目を研修する。
2.基本研修科目
内科 6ヶ月
救急部門 3ヶ月
地域医療 1ヶ月
外科 2ヶ月
3.選択必修科目
※下記より1科目以上を選択して計2ヶ月間研修する。
各科目の最低履修期間は(  )のとおりとする。
麻酔科 (2ヶ月)
小児科 (1ヶ月)
精神科 (2週間)
産婦人科 (2週間)
4.ローテート基本型
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年次 内科
(島原病院)
救急
(島原病院)
外科
(島原病院)
選択
必修
2年次 選択
必修
地域
医療
選択科目(キャリア研修)
(島原病院、協力病院・施設)
※地域医療の研修病院:長崎県上五島病院、同有川医療センター、同奈良尾医療センター、同奈留病院
5.協力病院としての研修プログラム
当院は、長崎大学病院の協力病院です。
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年次 長崎大学病院
2年次 島原病院
※研修プログラムの詳細・募集については、長崎大学病院までお問い合わせください。

学会施設認定

指定・認定一覧

各科の経験可能症例数

内科
<特色>

島原半島内において、内科的疾患に対し高度先端医療を実践しております。

地域医療支援病院として、消化器疾患、呼吸器疾患、循環器疾患、血液疾患、その他一般内科疾患等いずれも症例数は長崎県下病院群でも膨大なものとなっております。

なお、2ヶ月間で経験可能な代表的症例数は以下のとおりです。

(1)消化器科(緊急的内視鏡及びEVLを含む)
上部内視鏡検査 40
大腸内視鏡検査 30
胃透視 20
注腸検査 20
胃潰瘍 5
肝疾患 5
膵疾患 2
消化器癌科学療法 2

(2)呼吸器科
肺炎 10
肺癌 10
気管支鏡検査 10

(3)循環器科
心カテ 20
心エコー 40
狭心症・心筋症・弁膜症 10
心筋梗塞 3
心不全 6
不整脈 4
肺そくせん 1
解離性大動脈瘤 1

(4)血液内科
悪性リンパ腫 2
多発性骨髄腫 2
急性白血病 1
貧血 3
骨髄検査 3


外科
<特色>

九州圏内でも有数の外科手術症例数を誇る施設です。

経験豊富な学会指導医、専門医による情熱あふれる指導を行います。

救急外科、消化器外科、呼吸器外科、内分泌外科、鏡視下手術を経験すると同時に、医師として必須の外科手技や知識を習得できること請け合いです。

なお、2ヶ月間で経験可能な代表的手術症例数は以下のとおりです。

内分泌手術(甲状腺・乳腺) 8
胸部手術 2
食道、胃、十二指腸手術 5
小腸、大腸、後腹膜(うち急性虫垂炎) 10(5)
肝、胆、膵、脾手術 15
ヘルニア手術 10

アッペ、ヘルニア、ヘモはもちろん高度な開胸手術、開腹手術、鏡視下手術を経験します。

また、気管切開、鎖骨下静脈穿刺、胸腔穿刺、気管内挿管、縫合処置など外科医以外でも必要な手技を日常的に経験し、習得します。


小児科
<特色>

小児診療における基本的な考え方を身に付け、基本手技および救命救急処置を修得します。
2名の小児科医が指導します。


麻酔科
<特色>

全麻症例(硬膜外麻酔併用を含む):約90例(3ヶ月で)

脊髄くも膜下麻酔:約10例(3ヶ月で)

研修医による麻酔風景

硬膜外チューブ挿入 脊髄くも膜下麻酔 小児のマスクによる全麻

脳神経科
<特色>

脳神経外科診断治療に必要な設備が全て整っています。

MRI、CT、SPECT、血管内手術用3次元撮影DSA、
定位放射線治療用LINIAC radiosurgery

  • 日本脳神経外科学会専門医訓練施設A項に認定
  • 日本脳卒中学会認定研修教育病院に認定

脳血管障害、脳腫瘍、頭部外傷など脳神経外科診療全般の体験が可能です。

4名の脳外科医(30、40、50歳代)が熱心に指導します。

なお、2ヶ月間で脳神経外科診療全般領域の以下の体験ができます。

脳血管造影セルジンガー法
(血管内手術を含む)
8
LINIAC radiosurgery 1
穿頭術 5
開頭術 5
顕微鏡手術(脳動脈瘤、脳腫瘍手術を含む) 5
頭部外傷 20以上

※手術件数200例以上/年間


泌尿器科
<特色>
  • がんを主にほとんどの泌尿器疾患の診断、検査、手術を含めた治療が可能です。  
  • 担当の症例以外に、ほとんどすべての手術を、指導医と一緒に行います。  
  • 数多くの手術・検査を経験することが可能で、泌尿器科の一次救急の対応や各疾患の基本的な考え方や対応を習得できます。

なお、2ヶ月間で経験可能な代表的手術症例数は以下のとおりです。

腎・尿管悪性腫瘍手術 2
根治的前立腺全摘術 2
根治的膀胱全摘術 1
経尿道的前立腺切除術 3
経尿道的膀胱腫瘍切除術 6
前立腺生検 15
膀胱鏡・尿管鏡 10

整形外科
<特色>
  • まず第一に、今、自分の目の前の患者さんと自分が同じ状態、病気であったならどのようにして欲しいかを基本にした医師としての基本的態度を身につけていただきます 。
  • 整形外科的急患疾患の初期診断、治療の研修を行います。
  • 整形外科各専門分野の診断、治療、フォローアップの方法を取得します。

 なお、2ヶ月間で外来、救急、手術等の各分野を以下のとおり経験します。

【外来】

外来担当医とともに、問診、理学所見、神経学的所見の取り方、画像所見判断、評価の方法を学びます。

【病棟】

指導医とともに、入院患者の検査、手術、術後管理について経験します。

【救急】

指導医とともに、顔面骨折から四肢、関節外傷、体幹、骨盤骨折、脊椎外傷、脊髄、神経外傷、手の外傷、熱傷などの診断、検査、初期治療の実際について経験します。

【手術】

代表的疾患の手術に第3助手としてついていただきます。
なお、2ヶ月間で経験可能な代表的手術症例数は以下のとおりです。

大腿骨頚部骨折(CHS、人工骨頭) 28
その他の四肢外傷 31
関節鏡及び鏡視下手術 4
関節形成 1
ばね指 3
神経(尺骨、正中)剥離 2
切断 1

放射線科
<特色>

当院では、リニアックでの位置精度及び線量分布をより高めた定位放射線治療及び強度変調放射線治療を行っています。

固定具の使用で頭部1mm、体幹部では5mm以内の位置精度を確保でき、通常治療に比べて明らかな標的容積の減少が可能となっています。それに伴い、正常組織の障害の減少、標的線量の増加を可能とし、腫瘍制御率の向上が認められてます。

詳細は放射線科のページ(こちらをクリック)を参照してください。


△このページの先頭に戻る

FAQ(Frequently Asked Question)

Q. 研修のウリ(特徴)はなんですか。
小人数の研修生による豊富な症例の経験が可能で、密度の濃い研修ができることです。 また、研修プログラムも作成しておりますが、あなたの特徴に合わせたプログラムにフレキシブルな対応が可能です。
Q. 当直業務はどうなっていますか。
月に4回程度となっています。(宿日直手当:2万円/回)
Q. 救急医療の現状はどうなっていますか。
年間の救急医療の実績は以下のとおりとなっております。
  • H27年度件数:5,685件(うち診療時間外:3,689件)
  • 1日平均件数:15.5件 (うち診療時間外:10.1件)
  • 救急車取扱件数:1,844件(うち診療時間外:1,172件)
Q.研修医の給与はどうなっていますか。
基本手当は1年次生が319,000円、2年次生が360,000円となっており、宿日直を月4回程度予定していますので、 月額は399,000円(1年次生)、440,000円(2年次生)以上となっています。 また、その他に住宅費の補助及び時間外勤務手当を支給します。
Q. 病院見学はどうすればよいですか。
随時受け付けています。
Q. 宿舎はありますか。
平成28年4月に新築した宿舎(1DK・家電付き)が用意してあります。月額12,000円
★臨床研修の概要・病院見学については、
病院長 または 山西幹夫内科診療部長まで
★臨床研修の受付については、
総務係 TEL 0957-63-1145(代表)または
電子メール shimabara@nagasaki-hosp-agency.or.jp
までご連絡下さい

新鳴滝塾
新・鳴滝塾 〜長崎県医師臨床研修協議会〜

△このページの先頭に戻る